【開催概要】
 
◆日時:2022年7月7日(木)15:00 ~ 16:00
 
◆場所:オンライン
 
◆形式:無料Webセミナー(お申込み後に、Zoom URLをお送りいたします)
 
◆利用ツール:Zoom(Zoomをダウンロードしなくても、ブラウザよりご参加できます)
 
◆定員:1,000名
 
◆参加条件:
フリーアドレスをご利用の方・弊社及び法律事務所の同業者の方、ご所属先が不明な方のお申し込み等はご遠慮いただいております。
当日ZOOMにアクセスする際にはお申込時に記載した氏名・メールアドレスをZOOM参加入力欄へ記載をお願いいたします。 


◆アジェンダ:
15:00- 登壇者紹介

15:05- 長島・大野・常松法律事務所
リモートワークに伴う労務問題 ~労務管理のポイント及び有事の際の調査~」

コロナ禍でリモートワークが浸透してきました。リモートワークは仕事と育児や介護との両立に資する等多くのメリットがある一方で、企業の行うべき労務管理は複雑化し、従来のオフィス勤務を前提とする労務管理では対応できない問題も出てきています。
本セミナーでは、リモートワークに伴う労務問題を概観し、労務管理のポイントや有事の際にどのような調査が可能かについて解説致します。

【プログラム】(一部変更する可能性があります)
(1)リモートワークに伴う労務問題
(2)労働時間の管理をどのように行うか
(3)情報管理をどのように行うか

15:35- 株式会社FRONTEO 「問題発覚時の調査の実例のご紹介

15:45- モデレートディスカッション

15:55- Q&Aセッション

講師
NOT_緒方先生.jpg

長島・大野・常松法律事務所 パートナー 緒方 絵里子
労働法に関する助言、労働訴訟の代理のほか、国内外の企業を代理して様々な紛争案件を取り扱う。労働法に関しては、企業の労務管理全般(採用、就業規則作成、労働時間管理、懲戒処分、解雇や退職後の競業避止義務)、労働時間管理やハラスメントに関わる調査から労働当局の対応に至るまで豊富な経験を有している。
労働法に関する執筆・記事を多く執筆しており、リモートワークの問題については、「改定テレワークガイドライン~改定のポイントと実務への影響」と題したセミナーも開催している。2021年、2022年には、Legal 500 Asia Pacific Next Generation Partners (Labor and empoyment)にも選出された。

20210603_写真_野﨑さん.jpg
株式会社FRONTEO テクニカルフェロー・公認不正検査士 野﨑 周作
デジタルフォレンジックを活用した内部不正調査・監査に関する豊富な知識と経験をもとに、リーガルビジネス全体のオペレーションを中心としたアドバイザリー業務に従事するほか、クレジットカード情報漏洩調査の専門会社P.C.F. FRONTEO(FRONTEOの子会社)の社長を兼任。民間企業および法執行機関向けにデジタルフォレンジックのトレーニングを実施し、多数の調査員を育成するなど、業界発展に寄与する活動も実施。
・東京電機大学国際化サイバーセキュリティ学特別コース (CySec) 外部講師
・EnCase Certified Examiner (EnCE)



事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所

長島・大野・常松法律事務所は、500名を超える弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所であり、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えています。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

※当社が主催・共催するセミナー等にお申し込みいただいたお客様およびアンケート等にご協力くださったお客様の個人情報について、共催者との間で、個人情報を共同して利用することがあります。
長島・大野・常松法律事務所プライバシーポリシー:https://www.noandt.com/privacy_policy/
※本セミナーのご案内は共催者からも配信される可能性があります。

受付フォーム

受付は終了しました。

お問い合わせはイベント事務局まで。