開催概要
 
◆テーマ:日本における技術流出の実態とその対策
 
◆日時:2024年8月30日(金)15:00~16:00
 
◆利用ツール:Zoom Webinars
  
◆参加条件:企業ご所属の方
同業者の方、個人の方、フリーメールアドレスの方のご参加はご遠慮いただいております。
  
◆内容:
日本における経済安全保障の重要な柱として“技術流出の防止”が挙げられます。
技術流出はどのようにして起きるのか。 国家主体による諜報活動から経済活動を通じた技術窃取活動まで、具体的なケースをもとにその手法と実行者の目的・思惑を明らかにします。
そして、企業はどのように対策したらよいのか? 国家リスクに着目したオープンソースデューデリジェンスと人的リスクに着目した情報管理策について、企業および政策の観点で解説します。
今回の勉強会では元警視庁公安部捜査官であり、現在はスパイ実務の専門家としてメディアにも数多く出演されている稲村悠氏をお招きし技術流出の実態について詳しくお話しいただきます。また株式会社FRONTEO 経済安全保障室 戦略チーム永田麻紀子より、FRONTEO AI “KIBIT Seizu Analysis”を活用した解析事例についてお話いたします。


登壇者



日本カウンターインテリジェンス協会 代表理事
外交・安全保障オンラインアカデミーOASIS 講師

稲村 悠

官民で多くの諜報事件を捜査・調査した経験を持つスパイ実務の専門家。
警視庁公安部捜査官として、諜報活動の取締りに従事。
退職後は不正調査業界で活躍し、民間で多くの諜報事案を調査。その他、大手コンサルティングファームにおいて経済安全保障・地政学リスク対応コンサルティングに従事した。
現在は、HUMINT、産業スパイの実態などの分析を行いながら、スパイ対策や技術情報管理のコンサルティング、メディアを通じた警鐘活動を行っている。
著書:『元公安捜査官が教える「本音」「嘘」「秘密」を引き出す技術(単著)』、『カウンター・インテリジェンス「防諜論」(共著)』
※8月2日には共著による書籍『カウンターインテリジェンス--防諜論』を発売予定



株式会社FRONTEO 経済安全保障室 戦略チーム
永田 麻紀子 

早稲田大学法学部卒業。シティバンクにて、リレーションシップマネジャーとして顧客の資産管理、投資コンサルタント業務を担当。BNPパリバ証券株式会社にて、フィックスドインカム部門で部長代理として法人営業に従事。リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社にて、リテールおよびホールセール業務を経験。 現在、株式会社FRONTEO経済安全保障室 戦略チームにて、主に民間企業を担当し、顧客の経済安全保障上の課題解決や戦略立案をサポートしている。

お申込みフォーム

受付は終了しました。

お問い合わせはイベント事務局まで。