開催概要
 
◆テーマ:ウクライナ問題から考えるサプライチェーンリスクとその代替について
 
◆日時:2022年5月20日(金)15:00~16:00
 
◆利用ツール:Zoom Webinar
  
◆参加条件:企業対象
同業者の方、個人の方、フリーメールアドレスの方のご参加はご遠慮いただいております。
  
◆内容:

5月の経済安全保障勉強会では、安全保障論や危機管理の専門家として知られ、執筆・講演など多方面で活躍している金沢工業大学大学院教授の伊藤 俊幸先生をお招きして、「ウクライナ問題から考えるサプライチェーンリスクとその代替性」について取り上げます。
「経済安全保障推進法案」は5月11日の参院本会議で採決され成立。2023年度から段階的に施行されることとなりました。法案は ①供給網の国内構築強化 ②基幹インフラの安全確保 ③先端技術の官民協力 ④特許の非公開 の4本柱で構成されています。激しい米中対立を踏まえての対応ですが、足許ではこれに加え、ウクライナ問題による経済制裁の影響を考えなければいけません。企業はもはや「知らなかった」ですますことができない状況ですが、一方でこうした問題は、早期に対応することで、企業価値を高めたり、安定した調達ルートを見直す「チャンス」になりうるものです。

今回の勉強会では、伊藤先生に、この問題をめぐる最新動向をご紹介いただきながら、目まぐるしく変化する国際情勢の中で日本企業がどのような対応をとるべきなのかについてご解説いただきます。



登壇者
 
ito-sensei.jpg
 
 
金沢工業大学大学院 教授
株式会社FRONTEO 戦略アドバイザー
伊藤 俊幸 先生 
防衛大学校機械工学科卒、筑波大学大学院修士課程(地域研究)修了。海上自衛隊で潜水艦乗りとなる。潜水艦はやしお艦長、在米国日本国大使館防衛駐在官、第2潜水隊司令、海上幕僚監部広報室長、同情報課長、防衛省情報本部情報官、海上幕僚監部指揮通信情報部長、海上自衛隊第2術科学校長、統合幕僚学校長、海上自衛隊呉地方総監を経て、2016年より金沢工業大学大学院(虎ノ門キャンパス) 教授を務める(イノベーションマネジメント研究科 イノベーションマネジメント専攻)。

専門:リーダーシップ論、組織論、安全保障論、メディア論、国際関係論、危機管理
論文・著書:
・学位論文:ロシアの外交政策(文化人類学的側面からの分析)
・著書:『リーダーシップは誰でも身に付けられる』(アルファポリス 2018年)
・監修:『防衛シミュレーション! 自衛隊vs統一朝鮮』(宝島社 2020年)
・産経新聞正論欄執筆者、その他、新聞・雑誌等への寄稿多数
受賞:防衛駐在官勤務の功績に対し米国防長官より勲章「The Legion of Merit」、海幕部長勤務の功績に対し米国防長官より勲章「The Legion of Merit」を受賞
その他専門情報:日本安全保障・危機管理学会理事、全国防衛協会連合会常任理事、日本リーダーシップ学会理事を務める。
 
yamamoto.jpg
 
 
株式会社FRONTEO 取締役 
山本 麻理



経済安全保障AIブログを開始いたしました!
<<サイトはこちら>>

本セミナーの受付は終了いたしました。
またのお申し込みをお待ちしております。

受付は終了しました。

お問い合わせはイベント事務局まで。