【開催概要】

◆日時:2020年12月3日(木)15:00 ~ 15:45

◆場所:オンライン

◆形式:無料Webセミナー(お申込み後に、Zoom URLをお送りいたします)

◆利用ツール:Zoom(Zoomをダウンロードしなくても、ブラウザよりご参加できます)

◆定員:500名

◆参加条件:
法律事務所の方・フリーメールアドレスの方のご参加はご遠慮いただいております。
当日ZOOMにアクセスする際にはお申込時に記載した氏名・メールアドレスをZOOM参加入力欄へ記載をお願いいたします。

◆内容

昨今、情報漏洩の経路として Wi-Fi が注目されています。2020 年 6 月 12 日に経済産業省から公表された『昨今の産業を巡るサイバーセキュリティに係る状況の認識と、今後の取組の方向性について』において、特徴的な対応事例 7 件の中で 4 件が Wi-Fi に関わるインシデント事例であることからもその傾向が表れています。
端末や社用携帯の Wi-Fi インタフェースが許可されてない私物アクセスポイント に切り替えられたらどうでしょうか?また、偽 アクセスポイントを立てられ、間違って従業員がアクセスしたらどうなるでしょうか?

本セミナーでは、貴社エリア(オフィスや支店、研究施設、工場など)付近に潜伏する可能性のある不正な無線 LAN アクセスポイントをスナップショットでお手軽に見える化する監視ソリューションである「環境スキャン」をご紹介します。この機会に貴社環境における「不正な無線 LAN アクセスポイントの見える化」をイメージ頂ければと思います。
また、当日は特別なキャンペーン情報もご案内致します。

【プログラム】(一部変更する可能性があります)
1. Wi-Fi 経由のサイバー攻撃事例
2. Wi-Fi 経由の不正を検知する WiSAS の特徴
3. WiSAS サービスデモ
4. WiSAS サービスメニューのご紹介
5. WiSAS による問題解決事例



講師
 
P.C.F. FRONTEO株式会社  藤原 弘二
QSA, CISSP, CISM, CISA

大学卒業後に営業職や社内システム管理者、サーバーエンジニアを担当し、その後、大手通信事業者でのキャリアネットワーク運営、大手一部上場企業のプラットフォーム系エンジニアの生産マネージャーなどを経て、2008 年 4 月に情報セキュリティ人材を主としたオンサイトサービス会社を設立。主にカード情報の保護を目的に策定されたクレジットカード情報保護の国際統一基準(PCI DSS)の実装・運営サービスや監査対応を支援しています。
その後、PCI SSC(Security Standards Council)による、認定フォレンジック調査機関(PFIs)の認定を受けた日本企業である P.C.F. FRONTEO(株)へ 2019 年 2 月に入社し、現職はコンサルタントとして、クレジットカード情報漏洩調査をはじめとする初動対応から事後対策までを支援しています。
 

 

受付フォーム
 

受付は終了しました。

お問い合わせはイベント事務局まで。