本イベントは終了しました。
視聴をご希望される方は、右のフォームにご所属・お名前等をご入力の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

 
◆セッション概要
 10:40~11:10
 ゲスト基調講演
 "チャンス発見学とデータ市場 ~成果の『ものさし』はAIで作れるか~"
 
◆登壇者
 大澤 幸生 氏
 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 教授
 
◆内容
FRONTEOの技術アドバイザーを務める大澤先生による基調講演の模様です。
大澤先生の研究室では、様々な企業とコラボレーションしてデータ利活用の研究を進めるほか、データを作ったり使ったり、データについて書き表したりするときの標準形「データジャケット」を作り、世界市場に展開するなどの国際的な活動も行っています。
本セッションでは、データに基づく問題解決プロセスにおける人とAIの役割分担を紐解くと同時に、人の意思決定に関係するような出来事やチャンスをどう発見するか、データの活かし方、データ市場の本質などについての解説がなされています。また、大澤先生が人の知恵(複数のデータを結び付ける、データを探し出してくる)なくしてはできないと語る「変化の説明」についても、スーパーマーケットでの商品の売れ行きの変化や、株価の変動、スポーツにおける防御力の評価など複数の事例を挙げて解説し、今後どのようにデータを利活用していくべきかについて語ってくれています。
 



動画視聴お申し込み

受付は終了しました。

お問い合わせはイベント事務局まで。